ネイルスクールの選び方【全日制スクールを選ぶべきか?】

ネイリストという職業は、特に美容に関心の強い女性にとっては、憧れの職業の一つです。
そこでネイリストになるためには何をすればいいかということですが、大きく分けてネイルスクールに通う方法と、通信制で知識を学ぶ方法とがあります。またネイルスクールには、大手のスクールや個人経営のもの、中にはネイルサロンに併設されているものもあります。それぞれに特徴があるので、自分の環境や目的によって、習得方法の選び方を考えましょう。
既に他の職業に就いていたり、子育てをしている主婦の場合など、自由な時間を取りづらい場合には、通信制がいいでしょう。通勤時間や子育ての合間など、空いた時間を活用しながら、ネイルの知識を学ぶことができます。また金銭的に余裕のない場合や、通えるようなところに希望のスクールがない場合にも、通信制は適しているでしょう。
数年単位で時間がある場合や、検定試験に向けて本腰を据えて勉強をしたい場合には、ネイルスクールに通うことをお勧めします。特に大手のスクールは全日制の学校が多く、優秀な講師が揃っているため、確かな技術を学ぶことができます。また同じ目標を持った仲間同士で切磋琢磨しながら学習できるのも、ネイルスクールを選択するメリットといえます。

それではネイルスクールに通う場合、どのスクールを選択すればよいでしょうか。
その選び方としては、各学校の特徴を理解した上で、自分に合ったものを見極めることが大切です。
まず大手のネイルスクールの場合は、全日制で、初心者から経験者までそれぞれに遭ったカリキュラムを用意していることが多く、検定試験に向けて勉強できる環境が整えられているといえます。実績と経験が豊富な講師も多く、検定試験の合格実績があるのも、大手のスクールです。また将来的に講師の資格を取得したいと考えている場合は、認定校の卒業資格が必要となるので、認定校である大手のスクールを選択した方がいいでしょう。ただし大手のスクールは、生徒の人数に対して講師の数が少ないことも多いため、マンツーマンの指導を受けづらいというデメリットはあります。
対して個人のスクールの場合は、少人数制授業でカリキュラムを組んでいることが多いため、マンツーマンでの指導を受けることができます。また大手のスクールほど講師の出入りが激しくないので、いい講師のいるスクールを選択すれば、質の高い授業を確実に受けることができます。またネイルサロンを併設しているスクールの場合は、大手のスクールに通う場合よりも、早くネイリストとして活躍することができることもあります。
いずれにしても入学前に体験授業を受けるなどして、自分に合った学校を選ぶようにしましょう。